水やりと肥料

胡蝶蘭胡蝶蘭の水やりについては生育期と冬の間で異なります。まず、生育期は根が良く水を吸うためミズゴケなども乾きやすくなっています。ですので、表面が乾いたら鉢の底から流れるくらいの水を与えましょう。冬の期間は逆に殆ど成長しない為、水やりの頻度も下げて構いません。ミズゴケ等が乾燥してから2~3日後に同じくらいの水を与えるくらいで良いでしょう。ただし、どの季節であっても病気にならないように受け皿の水はこまめに捨てて、鉢の群れは防ぐように気を配りましょう。

肥料を追加で与えるかどうかの判断は、5月に新しい根が生えてきているかどうかで決めると良いでしょう。新しい根が伸びてきていたら、9月ごろまで薄めた液体肥料を一週間に一度水やりの代わりに与えるようにします。この際に与える肥料は洋ラン用の物を与えれば問題ありません。成長し、花の茎がある程度伸びてきたときは支柱を上向きに立てて支えてあげましょう。その際にはその後の成長分を考えてきっちりくくるのではなく、緩めに括るようにするのがよいでしょう。

水の量や風通しなど気がかりな事が多いと思われがちな胡蝶蘭ですが、意外と放置していた方が毎年綺麗な花を咲かせることもあります。あまり難しいと考えずに気軽に、気長に付き合っていくような心構えで接してあげた方が、花にも人にも優しい距離感かもしれません。

Pocket