胡蝶蘭の育成

縁起の良い花として祝い事などの贈り物に選ばれる胡蝶蘭ですが、貰った後に育てようと思っても詳しい育て方が分からないという方が多いようです。ですので、このページではそんな胡蝶蘭の育成方法などを説明しますので、胡蝶蘭を送っていただいた後の育成の参考にしてください。

リボン付き胡蝶蘭胡蝶蘭を贈られるときは大体の場合鉢付きで贈られる事が多くなります。これは、祝いの時に贈られる事が多いため、根が付いている方が縁起が良いというのが理由となります。そうした理由で鉢付きで贈られるためその後の育成には都合がいいと言えます。贈り物として頂いた胡蝶蘭には綺麗なラッピング材が付けられていますが、育成をする前にはそうしたラッピング材は先に外してしまいましょう。ラッピング材はそのまま付けたままにしておくと鉢の中が蒸れてしまったり、通気性が悪くなる事から根腐れを起こしやすくなります。ですので、ラッピング材は必ず外しましょう。また、胡蝶蘭を置く場所についてですが、胡蝶蘭は自生環境に近い艦橋を整えてあげる事が長く育てるコツとなりますので、5~9月下旬ごろは戸外で管理するようにし、冬場は暖房の利いた室内で管理するようにしましょう。その際には直射日光の当たる環境に置いてしまうと葉が焼けてしまい枯れてしまうので、直射日光は避ける様にしてください。また、風通しの良い場所に置くことで害虫を遠ざける事が出来ますので、そうした場所を探すとなお良いでしょう。